Z2 PAMSオートカムチェーンテンショナー

Z2 PAMSオートカムチェーンテンショナー

このテンショナーは、純正ですが。

先日、このshowもないブログに初めてコメントをいただき、モチベーションが上がって オートカムチェーンテンショナーを点検する機会をいただきました。w

まずは、4番ピストンを上死点に合わせます。
プラグを外して、ポイント側のクランクを右回転させて、マークを合わせるか 4番シリンダーに棒を入れて上死点を探るか・・
ここでやってはいけないことは、上死点を過ぎた時に左に逆回転することですね。
左回転で止めると、テンショナーの反対側でチェーンのたるみが出る可能性があるので、
必ず右回転で決めます!!
タンクを下ろしたとこー
キャブをはずしたとこー
アクセルワイヤーを外すのがメンドーなので、付けたまま横にずらして ワイヤーに負荷がかからないようにフレームに吊るします。
造形美とわこのことですね!(個人的に)
んで、本題。
バラしたとこからです。
まずは、リテーナー痕を点検・・・
カムチェーンって、結構伸びるものなんすねー
腰上O/Hの前後が分かります。(弛んでたわけではありませんでした。失礼いたしました)

リテーナーのボールが同じ位置になったのも、分かりやすかったけど意図的ではないです。
異常が無いことを確認したら、拭きふきして組付けていきます。
最初は太いバネ。
細い穴が開いているので、縮めて止めておきます。
リテーナーをいれ、
細い方のバネを入れますが!
テンショナーボディの内側奥の中心に細いバネが当たるようにします。
見えないので、なんとなくです。
まっすぐ入れれば、大丈夫!!
奥まで差し込んだとこで、ボルトを手締めで止めます。
工具を使ってはいけません。指できゅっと軽く締めればバネを抑制できます。
PAMSさんから、購入したときはこの状態で届きます。(記憶が確かなら)
シャフトが飛び出ないことを、確認したら バネを止めているレンチを抜きます、(新品時はレンチではなく、割ピンが入っていました)
装着!、
外すときの画像の使いまわしですw
ロックしていたボルトを、チョイと緩めます。
「スコッ」とテンショナーを押し出す音が聞こえたら、緩めたボルトをスパナで軽く締めこんでおきます。
一応、右に一周させて 
左回転でもガタが出ないか確認。
30分程度の作業でしたが、点検の良い機会をいただきましたー
って、全部片づけたら荷物が・・
前回の車検で光量不足と言われていたので、購入してた!(忘れてたw

アマゾンで、5300円です。

タイミングが悪かったので、取り付けは次回!