FX1 スターター空回りー

FX1 スターター空回りー

今日はFX1のスターター空回りの点検です。

車庫に持ってくる際に、カーブで「やべっ!曲がらん!」と、ヒヤッとしましたが・・・
フロントの空気圧がゼーロー!w
んで、本題のスターター空回りを点検します。
車体を右に傾けてカバーを開けます。
オイル交換したばっかりなので、ケチくそ整備です。
こうすることで、オイルを抜かずに左のカバーを開けることができます。
ローター取り付けボルトを緩めます。
ローターを外すのに使うのが、ステムのトップボルトw
くりっと締めこむと抜き取れます。
抜き取ったとこ、テーパー部分がかなり荒れてます。
FX1はキーが付いていないので、空回りしていたと思われます。
ワンウェイクラッチを点検しようと思ったら、取り付けボルトがユルユル~
取り付けていたボルトを見ると・・・
かなり遊んでいた様子!
ここは、自粛しとけや!!!
ワンウェイ本体もダイブお疲れの様子ー
これを、PMC製の中古良品と交換します。
と、その前にテーパー部分を擦り合わせします。
組み合わせた時に吸い付く程度にします。
ワンウェイクラッチの取り付けは、洗浄後ロックタイトを少量付けてトルクレンチでカチッと!!
ニードルベアリングも、手持ちがあったので交換します。
ガスケットをきれいにはがします。
軽くオイルストーンで均します。
脱脂して組付ける準備ができたら、ローターを取り付けます。
こちらも、ロックタイトを塗ってトルクレンチでしっかり締めます。
液体ガスケットを薄くペタペタして、カバーを取り付け完了です。

ちょっと、消耗品の準備不足でしたが、滑りの原因は絞れてきました。

少し様子を見て、空回りしないことを確認出来たら消耗品をそろえて再度開きたいと思います。

0