スマホケース コードバン偏

スマホケース コードバン偏
型紙を作り、それに沿って切っていきます。
コードバンを加工するときは、いつも緊張しますねw
縁を面取りします。
縁取りしたら、軽く磨いて 着色しておきます。
仕上がりを想像しながら、コバの厚みが広くなりすぎないように剥いでおきます。
組み着ける直前でも調整出きるので、だいたいこんなかな?ってくらいにしときます。
ダミースマホで整形します。
牛革なら、軽く湿らせて折り曲げれば形になりますが、コードバンの場合は根気が要ります!w
次のパーツを作ります。
同様にすべてのパーツを整形しておきます。
切断する前に、オリジナルスタンプも押しておきます。
本体の形が決まったら、ボンドで接着して、菱目打ちで貫通しておきます。
今回は、裏側にも他のパーツが付くので 裏側はあまり気にしないでガンガンいきます。
裏側に取り付けるパーツはこちら。
大体の幅に合わせて、菱目打ちで穴を空けておきます。
同じ感覚で、同じ力で空けていけば 本体に開けた菱形と同じ幅に空くと思います。
裏側のパーツを取り付ける位置を、仮に決めて 裏側のパーツを切断、形成して 取り付け位置を確認します。
パーツ同士は接着ぜずに縫い付けていきます。
厚みがある部分の端は2回縫い返しておきます。
縫い終わったら、コバを磨きます。
個人的には、水のみで磨くのが一番美しいと思うのですが、コードバンと牛革の組み合わせなので いろいろ試します。
そんな感じで、完成品!
まず、自分のベルトに取り付けて使用感をかくにんしました。

今回の祝日は、外にデレナイ事情ができまして、なんとなくレザークラフトしてみました。

素人製作で、お代も頂かないので気が楽です~

失礼ながら暇潰しにさせて頂きます!